ザリガニマスター

この夏も、アメリカザリガニをいっぱい引き取りました。
生態園としては嬉しいですが、
みんながいっぱい釣っても、なかなか減らないですね~


さてさて 新しいマスターさんです。おめでとう

KSさん 2年生
RIMG0689c_convert_20170917142512.jpg
5回目で合計330匹、マスターになりました。
余裕ですね

NYさん2年生と弟君
RIMG0690_convert_20170917142538.jpg
ことし7月に始めて、9月にマスターに!332匹。
早いこと

KSさんもNYさんも余裕ですね。
まだまだいけそう!
また、持ってきてくださいネ

そして、じゃじゃーん
3段2032匹 NK君2年生
RIMG0703_convert_20170917142553.jpg
2015年にスタートして、時には4匹だけなんて日も何度か、
でもお父さんと一緒に、地道に数を重ねました

3段は、2165匹のY兄弟に次ぐ2組目です。

次は4段3000匹です。
ぜひに!

秋は運動会とかいそがしい季節ですね。
でも、思い立ったらザリガニ釣りへ行こう!
赤ちゃんザリガニを抱えた母ザリガニにも会えるかも。

待ってま~す!
(sa)
スポンサーサイト

外来魚釣り大会を開催!

こんにちは。水辺スタッフのTです。

文才に恵まれず、今までブログ更新を避けてきたので、この記事を見ている方の多くははじめましてかもしれません。


 この度、私の専門分野である「魚」をテーマにしたもよおしを企画し、先日無事やり遂げることができました。

その名も、ずばり、「外来魚釣り大会」!!!

 大きさや数を競う大会ではなく、外来生物との付き合い方・命の大切さを学び、得たものを持って帰ってくれた人はみんな優勝という願いを込めて、せせらぎ公園にて開催しました。

                     C26I3557.jpg


竹竿と浮き釣の仕掛けというとても簡単な釣りでしたが、皆、一匹はブルーギルを釣ることができたようでこちらも一安心。


 その後は外来生物であるブルーギルについてのお勉強。

用意していただいたオオクチバスと今日釣ったブルーギルの解剖をすると、子どもたちはみな真剣な眼差しを向けてくれました。

         C26I3764.jpg  C26I3718.jpg


講義で最も強調したことはぜひこのブログを見ていただいている皆さんにもお伝えしたいので、簡単に紹介させていただきます。


 まず、一つ目
「外来種は外国の生き物だけではない」ということ。

外来生物というのは人が移動させた生き物のことで、日本の国内でも例外ではありません。

例えば旅行先で採ったカブトムシをかわいそうだから家の近所で逃がしたりはしていませんか?

金魚すくいで採った金魚やペットショップで買ってきた生き物を飼いきれなくなって逃がしたりはしていませんか??

これらはみな、外来生物とよばれてしまいます。


 そして、二つ目
「外来生物を決して逃がさないでください!」

外来生物は少なからずその地にいる生き物たち(在来種といいます)に影響を及ぼします。

例えば、在来種を食べてしまったり、在来種の住処をとってしまったり、在来種と交雑したりと様々な影響があるのです。

だから、絶対逃がすことはしないでください。

飼いきれなくなったペットや金魚すくいや釣りで採りすぎてしまった魚など、逃がしてあげたほうがその生き物のためだと思っていませんか??

逃がされたいきものは全く知らない土地で生きていかねばなりません。そもそも住んでいる環境が違うところに逃がされたいきものは苦しんで死んでいきます。

もし運よく住みやすい場所に逃がされたとしても、それが繁殖し、人の目につくようになると外来生物だといわれ、捕獲され駆除の対象になるかもしれません。

  生き物はおもちゃではありません。捕まえてきたら、もしくは飼うなら責任をもって最後まで面倒を見てください。

                     C26I3653.jpg

 以上、長い説教をつらつらと並べてしまいましたが、どんなことをやったのかは神奈川新聞さんがまとめて記事にしてくださいました。
もしよろしければ、こちらもご覧ください。
http://www.kanaloco.jp/article/272151

 この度、参加してくださった皆様はもちろんこと、身内ながら運営に携わってくださった方々、場所を提供してくださったせせらぎ公園の皆様、外来魚に関するもろもろのご指導・ご協力をいただいた滋賀県立大学のK様・白梅女子短大のM様に深く御礼申し上げます。

ザリガニマスター

ザリガニマスター W君兄弟

DSCN7621_convert_20170827120223.jpg

2013年7月7日に持ってきてくれたのが最初。
その年の8月にあっというまにマスターとなっていました。
今年の7月には2段になっています!
すごいね!
今年はお米作りでも活躍中(っ*^ ∇^*c)

もう一組ご紹介♪
こちらは、Kさん兄妹。

DSCN7655_convert_20170827120609.jpg

2015年5月にお兄ちゃんがスタート。
妹さんは今年の7月から参加してくれました。
お兄ちゃんは今年の7月にマスターに!
8月には初段になりました
妹さんは現在2級。
お兄ちゃんに負けずにがんばって!

二組とも、また沢山持ってきてねヾ(o´∀`o)ノ

(I)

ザリガニマスター


おめでとう! ザリガニマスター KT君

DSCN7459_convert_20170708191958.jpg

2013年に挑戦を始めて、最初のころは1回に1匹、5匹と
少なかったのですが、今年になってから一度に144匹!とか
ぐんぐん 数を延ばしました。
6月に300匹を超えて、すでに443匹です。
初段も目前だね
(sa)

横浜環境活動賞をいただきました!

お知らせします!

自然生態園の活動について 第24回横浜環境活動賞「市民の部」の大賞と 「生物多様性特別賞」をいただきました!
地域の環境活動と、環境にやさしいまちづくりをすすめようとつくられた表彰制度です。

選考では書類審査とプレゼンテーションがあって 
書類では活動全般を、プレゼンでは「めざせ!ザリガニマスター」をアピールしました。
「生物多様性特別賞」は生物多様性をめざしながら 
子どもたちと一緒に楽しめるこの催しがあってこそいただけたのではと思っています。
     A-page-001_convert_20170630144836.jpg

引き取ったザリガニは21770匹(昨年10月末)。
参加者は216組となりました(先週末)。

参加者のみなさんが、ザリガニの入ったバケツを意気揚々と
持って来てくださるのが、スタッフの励みです。


改めて紹介・・・
ザリガニマスターは
生態園サポーターさんのアイデアです。
「家で飼えない」とザリガニを持ってくる子たちを見て
「イベントにしたら?」「級ごとにカードを渡すとか?」

しかし・・・外来種とはいっても生き物の命。
「採集した数」を競っていいのか・・・? 
「大丈夫ですよ!」と後押ししてくださった研究者の方

イラストを描いてくださった安斎俊さん          
    1a_convert_20170630155515.jpg

ザリガニの粉を田んぼに撒いてくれるのは「昔ながらの米作り」のみなさん

ザリガニを引き受けてくださる野毛山動物園さん、さがみはらふれあい科学館さん、IZOOさん。

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします


さて これから 
このザリガニマスターに取り組む団体をさがして
声かけしていこうと考えています。

全国どちらでも いませんか~?
(sa)
次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ