今年のザリガニマスター

早いものでもう11月も中旬を過ぎてしまい、師走モードに突入してますね。
さて、今年の「ザリガニマスター(通称ザリマス)*」は大盛況で、
毎週日曜日にはみなさんたくさんザリガニを持ってきてくださり、
その数、なんと14,301匹(今年1年だけでですよ!!)!!
138組の方々に持ってきていただきました。

今年のMVPは、毎週のように大きなクーラーボックスいっぱいに
ザリガニを持ってきてくれたU. K. 君で、今年5月から始めてくれたのですが、なんと10月までに
2,001匹ものザリガニを持ってきてくれて、一挙にザリガニレジェンド3段になりました!!!
ことしのMVPとして、今年ザリマスに挑戦した感想について、取材をさせていただきました。
 *****
 「3段までの道のり、何が大変だった?」「釣るのが大変だった。」
 「コツは?」「網をつかわないとうまくとれないよ。」
 「何をモチベーションに頑張った?」「カードがもらえるのと、お母さんが喜ぶから頑張った。」
 *****
取材に応じてくれてありがとう!!
一緒に来てくれていたお友達のT. K. 君も1579匹と、2番目に多く持ってきてくれました。
RIMG3033_convert_20181105110557.jpgザリガニをつかむのもお手の物のU. K. 君
RIMG3036_convert_20181122162703.jpg

お友達と一緒にピース☆彡T. K. 君もザリガニをつかんで余裕のスマイル(^^)

そのほかにも、1年間で500匹以上持ってきてくださった方が7組もいらっしゃり、「よくぞこんなに!」と驚いてばかりでした!
T. S. 君も今年6月から始めて、550匹持ってきてくれました。
TS君2jpg_convert_20181122163304
ザリガニと初段カードを持ってきまってるね!

ザリガニを持ってきてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
引き取ったザリガニは、こちらで責任もって、動物園や大学の研究施設に送ったり、
来年撒く田んぼの肥料用に冷凍させていただきました。
スタッフの方が思いのほかの盛況ぶりであたふたしてしまい、ご迷惑をお掛けしたことも多々あったかと思いますが、
来年も5月からまた引き取りスタートしますので、是非よろしくお願いいたします!
(日曜日の午後13~16時の時間厳守でお願いいたしますm(_ _)m)

(*…ザリガニを捕まえて生態園に持ってきてくださった方に、引き取った数に応じて級・段を進呈し、ザリガニカードをプレゼントする催しです。
引き取ったザリガニは動物園の動物のエサや大学での研究、生態園の田んぼの肥料として有効活用します。5~10月の日曜午後のみ。)


スポンサーサイト



外来魚釣り大会を開催!

こんにちは。水辺スタッフのTです。

文才に恵まれず、今までブログ更新を避けてきたので、この記事を見ている方の多くははじめましてかもしれません。


 この度、私の専門分野である「魚」をテーマにしたもよおしを企画し、先日無事やり遂げることができました。

その名も、ずばり、「外来魚釣り大会」!!!

 大きさや数を競う大会ではなく、外来生物との付き合い方・命の大切さを学び、得たものを持って帰ってくれた人はみんな優勝という願いを込めて、せせらぎ公園にて開催しました。

                     C26I3557.jpg


竹竿と浮き釣の仕掛けというとても簡単な釣りでしたが、皆、一匹はブルーギルを釣ることができたようでこちらも一安心。


 その後は外来生物であるブルーギルについてのお勉強。

用意していただいたオオクチバスと今日釣ったブルーギルの解剖をすると、子どもたちはみな真剣な眼差しを向けてくれました。

         C26I3764.jpg  C26I3718.jpg


講義で最も強調したことはぜひこのブログを見ていただいている皆さんにもお伝えしたいので、簡単に紹介させていただきます。


 まず、一つ目
「外来種は外国の生き物だけではない」ということ。

外来生物というのは人が移動させた生き物のことで、日本の国内でも例外ではありません。

例えば旅行先で採ったカブトムシをかわいそうだから家の近所で逃がしたりはしていませんか?

金魚すくいで採った金魚やペットショップで買ってきた生き物を飼いきれなくなって逃がしたりはしていませんか??

これらはみな、外来生物とよばれてしまいます。


 そして、二つ目
「外来生物を決して逃がさないでください!」

外来生物は少なからずその地にいる生き物たち(在来種といいます)に影響を及ぼします。

例えば、在来種を食べてしまったり、在来種の住処をとってしまったり、在来種と交雑したりと様々な影響があるのです。

だから、絶対逃がすことはしないでください。

飼いきれなくなったペットや金魚すくいや釣りで採りすぎてしまった魚など、逃がしてあげたほうがその生き物のためだと思っていませんか??

逃がされたいきものは全く知らない土地で生きていかねばなりません。そもそも住んでいる環境が違うところに逃がされたいきものは苦しんで死んでいきます。

もし運よく住みやすい場所に逃がされたとしても、それが繁殖し、人の目につくようになると外来生物だといわれ、捕獲され駆除の対象になるかもしれません。

  生き物はおもちゃではありません。捕まえてきたら、もしくは飼うなら責任をもって最後まで面倒を見てください。

                     C26I3653.jpg

 以上、長い説教をつらつらと並べてしまいましたが、どんなことをやったのかは神奈川新聞さんがまとめて記事にしてくださいました。
もしよろしければ、こちらもご覧ください。
http://www.kanaloco.jp/article/272151

 この度、参加してくださった皆様はもちろんこと、身内ながら運営に携わってくださった方々、場所を提供してくださったせせらぎ公園の皆様、外来魚に関するもろもろのご指導・ご協力をいただいた滋賀県立大学のK様・白梅女子短大のM様に深く御礼申し上げます。

かいぼりくん!

こんにちは。水辺スタッフです(^-^)/
報告が遅くなってしまいましたが、3月5日に御手洗池でかいぼりを行いました。
かいぼりは、池の水を抜き、堆積した泥やヘドロを取り除く作業のことです。
水質浄化の効果があり、最近では外来魚などの駆除を目的としても行われています。
御手洗池では、毎年この時期に行なっています。

seitaienkaibori_convert_20170322163857.png

さっそく、バケツリレーで池の中から泥をさらっていきます。

seitaienkaibori4_convert_20170322165728.png

池からあげた泥は、肥料として田んぼに入れていきます。

休憩中のこと。。。

seitaienkaibori3_convert_20170322163948.png

池の水が干上がり浅瀬部分を歩いていると、石に紛れて、ドブガイの仲間(二枚貝)がいます。
どこにいるのか、わかりますかいー?
短期間であれば、このように水がなくても生き延びることができるようです。

1日がかりの作業でしたが、お天気も良く楽しみながら作業できました!

今回は、東海大学の学生さんや、神奈川県内水面さん、横浜市さん、
特定非営利活動法人Dream eggsゆめたまさん、生態園のサポーターさん、
総勢24名の方々のご協力により実施することができました。
多くの方の協力があって御手洗池の環境が維持されているのだと、
改めて実感しました。

みなさま、お疲れ様でした(*^_^*)これからもよろしくお願いします。

さいごに!!

seitaienkaibori2_convert_20170322163928.png

私、IHは、三ツ池公園や井の頭公園など各地のかいぼりにも参加していたことから、
かいぼり大好き!かいぼりくんと呼ばれていました。
そんなIHですが、今月いっぱいで水辺スタッフを卒業します。
3年間と言う短い間でしたが、大変お世話になりました。
これからは、ドブガイの仲間のような二枚貝の研究をしに北海道へ行ってきます。

ありがとうございました!

水辺スタッフ(IH)

ハナガメさん こんにちは

こんにちは。水辺スタッフです(^-^)/

みなさんは、お家で生き物を飼っていますか?
一般的には、ネコやイヌなど様々なペットがいますよね。
唐突ですが、ここで問題です。

生態園ではアメリカザリガニや、ミシシッピアカミミガメ、えりちゃん(ウシガエル)、ブルーギルを展示しています。
では、生態園で展示しているウシガエルブルーギルアメリカザリガニミシシッピアカミミガメではある違いで分けることができます。
どのような違いでしょうか?



正解は、「特定外来生物」に指定されているかどうかです。

特定外来生物とは、生態系、人の身体、農作物などに被害を及ぼしたり、
及ぼす恐れのある外来生物のうち規制・防除の対象となっている生き物のことです。

特定外来生物に指定された生物は、飼うことはもちろんその場から移動することができません。
ウシガエルとブルーギルは特定外来生物の指定を受けています。
(*生態園では環境省の許可を得て展示しています。)

なぜこの話をしたのかと言いますと、今日、御手洗池から特定外来生物が捕まりました。

その正体は、「ハナガメ」です。



ハナガメはもともと日本にはいない外来種で、台湾やベトナムなどからペットとして持ち込まれました。
在来のイシガメと交雑してしまうことなどを理由に2016年10月に特定外来生物に指定されました。
とっても最近の出来事ですね。

そこで、
「うちにいるんだけどどうしたらいいの?」と思ったそこのあなた!

安心してください。
環境省に申請し、許可が得られれば誰でも飼うことができます。

「えっ?うちにいるのはハナガメ?種類がわからないよ!」と思ったそこのあなた!

安心してください。
初めてハナガメを見る方のために、アカミミガメと比較できるよう並べて写真を撮りました。

スライド1_convert_20170211172812

恥ずかしい話、水辺スタッフも初めはハナガメだとは特定できず
ミシシッピアカミミガメだと思っていました。
なので、心配ありません。
さらに、不安という方、申請をしたい方は「ハナガメ 環境省」と検索するともっと詳しい
情報を手に入れることができます。


もちろん、生態園でも展示用に環境省に申請をします。
みなさんも、ハナしたりせず責任を持って、最期まで大切に飼い続けましょう!

水辺スタッフ(IH)

キショウブ

こんにちは。水辺スタッフです。

今日はとても暖かく、春を感じさせる一日でした。

来場者の方がアリがいたよとご報告くださいました。暖かいから出てきたのかもしれません。
IMG_5107_convert_20170204163144.jpg
写真はアリではないですが、カモです。カルガモ
これぞ!と紹介することはありませんが、本日はキショウブを間引いたので、簡単ながらにご報告いたします。
キショウブは大陸由来の外来種で、鑑賞目的で明治時代に移入され、今では全国に広がっています。

生態園でもぬかるみのような場所にはびこっています。
IMG_5110_convert_20170204163156.jpg

いました。キショウブです。まだ葉は小さいのですが、この下には根が入り組んでいます。

DSCN9720_convert_20170204163033.jpg

手で掘り返します。

IMG_5095_convert_20170204163129.jpg

わかりにくいですが、バケツ2-3杯分のキショウブを抜きました。これで少しは圧力をかけられるかな?

外来種と言え、せっかく繫栄している生き物を駆除するのは大変心が苦しいです。

皆さんも、家で飼っている生き物を逃がさないようにしてください。

逃がした生き物は、その個体だけでなくその子孫まで、家で寿命を全うさせるより、つらい方法で駆除されることになります。

水辺スタッフ(T)
次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (65)
水辺 (44)
むし (47)
催し (46)
さぎょう (17)
両生・はちゅう類 (43)
植物 (20)
ほか (22)
とり (14)
ザリガニマスター (24)
今日の風景 (6)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ