スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はちとり(クロスズメバチ)


階段園路で刈った草を熊手で下ろしている最中に、蜂に刺されました。
そばでアブが飛んでる~と思ったときには「ガツン」とやられていました。

あとから恐る恐る見ると クロスズメバチの巣がありました。
おとなしいと言われる種類ですが、かさばった刈草が、巣穴を刺激して怒らせてしまったようです。
DSCN8192_convert_20160924142344.jpg
園路際で、結構な数の蜂が出入りしているので、公園としての安全第一に 駆除することにしました。
クロスズメバチは以前にもHさん、A君とで駆除経験があるので、できると判断。

今回もHさんが名人さながらに・・・「はちとり」用花火を巣穴に入れます。
DSCN8240_convert_20160924142415.jpg  DSCN8241_convert_20160924142505.jpg
用心を重ね、6本も使いました。          煙が巣にこもるようにケースをかぶせます。

周りに蜂がいないのを確認して掘り起こしました。
DSCN8248_convert_20160924142548.jpg DSCN8251_convert_20160924142620.jpg
大きな巣! どうやって土の中に上手に作るのでしょう?
巣を取り出すと、穴の大きさはタテヨコ20㎝、奥行き40㎝ありました。

DSCN8259_convert_20160924142703.jpg DSCN8262_convert_20160924142742.jpg
壊れてしまったけど、6層はありそう、巣の重量約560g。 幼虫や蛹がいます冷蔵しました。

煙幕は気絶させるだけらしいので、一端冷凍してから
Hさんが根気よく数えました。おとなの蜂は960匹です。  少し大きい蜂が1匹いました。体長18mm。
DSCN8290_convert_20160924142919.jpg DSCN8291_convert_20160924142948.jpg
                                ネットでは「女王バチは15㎜」とあります。
                                これがそうかもしれません。 

クロスズメバチはたぶん
巣を水辺近く、崖っぽいところに作りたいらしい。
雨の日は、活動が不活発=土中の巣に気づきにくい。
羽音はアブのよう。     みなさん気をつけましょう!
(sa)


スポンサーサイト

ヒメクロイラガ

大発生~!
DSCN3937_convert_20150816191037.jpg DSCN3961_convert_20150816190654.jpg
池のそばの若いクヌギの木に。         棘だらけ。 刺されると電気が走ったように痛いとか。
                             (その後は大体 悪化せずに直るようです)

猛暑の昼さがり、この毛虫たちは棘に水滴(汗?)つけて、枝の葉から 幹を下の方へと移動します。
避暑か??  その数 ゆうに1000は超えています。  ゾワゾワ・・・

「まあ、園路から離れているから放っておこう・・・」と考えたのは甘く
翌日、クヌギの下のササや他の葉や 園路の柵、 頭上のハリギリの枝にも
いるのが見つかり

DSCN3964_convert_20150816191303.jpg DSCN4042_convert_20150817135100.jpg
ブルーシートを張りました。            レース状の葉は、小さい毛虫集団が集まって食べた跡。
                             この時点で 気づくべきだった!!

大木の上のほうで広がっているのを 簡単に切れないし
次の開園日までに 蛹になるのを待とう・・・。

このイラガは、地中で蛹になるそうで
移動中と 卵や集団で固まっているときが退治のチャンスでしょうか。


それと 天敵がちゃんといます。
カマキリやヤドリバエだそうです。 頼もしい!
(sa)

虫いろいろ

6月4日、30度近く気温の上がった午後、虫たちがとても活発に動いていました。
DSCN3318+-+コピー_convert_20150606000909  DSCN3330_convert_20150606000049.jpg
コナラの木、木屑がモコモコ せせり出てきます。  樹液を吸いに来ていたサトキマダラヒカゲ
カミキリムシの仕業かな。

 DSCN3304_convert_20150606000005.jpg  DSCN3333_convert_20150606000105.jpg
アオオビハエトリ  お食事中               アリグモ  大きな顎をパチパチします。
クモたちは 樹液に寄ってくる虫を狙っているようです。                       

DSCN3313_convert_20150606000029.jpg  DSCN3346_convert_20150606000121.jpg  
ヨコヅナサシガメ 派手なドレープ!        マダラアシゾウムシ  


DSCN3426_convert_20150606000244.jpg  DSCN3417_convert_20150606000227.jpg
シオカラトンボ                      ナガコガネグモの子ども  今年も会えました。

DSCN3383_convert_20150606000152.jpg  DSCN3453_convert_20150606000303.jpg
シロコブゾウムシ  可愛い!           ヒメスズメバチ   朽木のくずを集めて巣作り中のようです。
                              
DSCN3457_convert_20150606000319.jpg  DSCN3365_convert_20150606000137.jpg
キマダラセセリ                    クロヒカゲ    
                 
DSCN3464_convert_20150606000335.jpg  DSCN3400_convert_20150606000210.jpg
ウラナミアカシジミ                   アカシジミ
どちらも田んぼ周りや林の中で よく見かけます。 
(sa)

スズメバチトラップ

ここのところ毎年、作業や調査・観察で、誰かしらスズメバチに刺されています。
幸い、刺された人たちは懲りずに今も同じ活動をしているのですが、
なんとか巣の数を減らさなければ!! 
命に関わる危険さえあります。

そこで、冬眠から覚めて、巣作りを始めたばかりの女王蜂を
仕留めれば、数を減らすのに有効 ということで、
園内5か所にトラップをしかけました。

ペットボトルの中身は2種類、①酒+酢+砂糖  ②炭酸飲料+酒
ボトルの上のほうに、小さな窓をあけています。

1週間も過ぎると、発酵して樹液のようなにおいがしてきます。
誘われて、窓から入り込んで液体に落ちて、溺れてしまう罠です。

DSCN2832_convert_20150505172404.jpg DSCN2834_convert_20150505172441.jpg
木にぶらさげました。

この辺りに、4月末、大きなスズメバチが飛んでくるようになったのです。
巣作りの材料集め(カミキリが開けた木の穴の屑)のようです。

そこにも仕掛けたら・・・

DSCN2861_convert_20150505172507.jpg
右端のがそれ、オオスズメバチ。 4.5センチくらいあります。

まん中はキイロスズメバチ。 

左端もキイロスズメバチですが、これは以前に朽木で越冬していたハチを採集したもの。
サイズを比べてみようと並べました。女王かどうかは不明。冷凍していたので霜つきです。

<DSCN2862_convert_20150505182408.jpg  DSCN2900_convert_20150505172543.jpg
オオスズメバチ。                    キイロスズメバチ。

まだ、入りそうなので、しばらくの間、トラップを続けてみます。
( sa)

マダラアシゾウムシ

このスタイル・・・想像上の生きものみたい。
DSCN2676_convert_20150502034757.jpg

何ゾウムシ? 全身泥だらけ・・・

虫に詳しいYさんが、コブに注目してマダラアシゾウムシと
決めてくれました。 土の中で越冬するらしい。

DSCN2654_convert_20150502035310.jpg 死んだふり!

DSC_9150_convert_20150502035237.jpg足の鍵爪も立派です。
(sa)
次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (9)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (41)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (18)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。