里山を再生しよう2016

sample6-4_convert_20161112184710.jpg

里山の林で作業しませんか!
ボランティア募集中!


木を伐る、笹を刈る、木を運ぶ・・・素朴な作業です。
木は細いので誰にでもできます。

晩秋の林で身体を使えば身も心もリフレッシュ

作業のあとのすいとんも格別です

DSCN5208_convert_20161112193743.jpg
(sa)
スポンサーサイト

親子自然教室 たき火をたのしもう!

先週の親子自然教室
2~4歳の親子さんたちとたき火を楽しみました。

朝、開始1時間前から枯枝をボンボン燃やしました。
枯枝2㎥、結構たくさんありましたが・・・
DSCN5725_convert_20160224105446.jpg
燃えてしまえばこんなもの。燠の量は、焼いも16,7本に対してぎりぎり丁度。

燠ができたら、みんなで
「新聞紙+水に浸す+アルミホイル」方式で準備して
DSCN5728_convert_20160224105539.jpg DSCN5731_convert_20160224105704.jpg
さつまいもが焼けるのを待つ間、おさんぽに出かけました
落ちている枝を拾いながら、小さな山をのぼったり下りたり。
背負い籠が見えるかな。この日の先生、よしえさんがしょってます。みんなの拾った枝を入れる籠です。

DSCN5738_convert_20160224105858.jpg
そして、拾った枝をたき火で燃やします。
火のそばは熱いので、すこし離れたところから。
こどもたちも投げ方が、どんどん上手くなります。

そうこうしているうちに、焼きいも 焼けたかな~

DSCN5743_convert_20160224105935.jpg
ふーっ ふーっ おいもはアツアツ!おいしいね

またあそびにきてね!
(sa)



たき火でやきいも

昨年暮れ19日の催しです。
やっぱり 冬はたき火がなくちゃ! と、遅ればせながらのUPです。

IMG_1252_convert_20160122164456.jpg   Nさん撮影。
      Nさんが来て催し風景を撮ってくださるときは、参加者のみなさんがあとで、写真を見たり
      ダウンロードしたりできるようにウェブアルバムを案内しています。
      生態園自慢のグッ・サービス


サツマイモは
IMG_1271_convert_20160122164526.jpg IMG_1283_convert_20160122164633.jpg
理事長Kさんの畑産ベニアズマ         濡れ新聞+アルミホイル巻方式です。

おイモの準備ができたら、まずは火起こし
IMG_1288_convert_20160122164713.jpg IMG_1300_convert_20160122164755.jpg
スギの枯葉の上に枯れた小枝を山に積みます。   レトロなマッチで点火  上手く擦れるかな?

風も手伝って
IMG_1303_convert_20160122172326.jpg IMG_1322_convert_20160122164935.jpg
5分もしないうちにみなさんの小枝の山から火が起きて 小さな焚火ができました。  

小さな焚火は
IMG_1340_convert_20160122165106.jpg IMG_1341_convert_20160122165144.jpg
トタン板ごと引っ越し            合体!

そして
IMG_1330_convert_20160122165025.jpg IMG_1349_convert_20160122172419.jpg
サツマイモ投入!  火のそばは 煙い! 熱い!     おイモに布団?落葉をかけて
                                                

焼けるのを待つ間は
IMG_1361_convert_20160122165357.jpg IMG_1367_convert_20160122170006.jpg
みなさん持参のソーセージを焼いたり、シイタケ焼いたり 

IMG_1410_convert_20160122184113.jpg 丸太切りしたり (子どもたち、かなり上手!)


40分くらいたつと
IMG_1399_convert_20160122171535.jpg
ほかほか ほくほく焼きいものできあがり 


お芋を味わったら・・・

IMG_1416_convert_20160122170255.jpg  
                               名残惜しいけど 
最後は、水をたっぷり・しっかりかけて 火を消します。
すると・・・急にさむ~い冬の夕暮れが押し寄せてきます。

冬のたき火はやっぱり最高、いいですね
(sa)



マーマレードづくり


17日、曇り空の寒い一日、「マーマレードづくり」をしました。

写真はNさんに撮っていただいています。
DSC00043_convert_20160120122226.jpg DSC00067_convert_20160120122425.jpg
花壇の夏ミカンをもぎます   粒の小さいのもありますが、ジューシーです。

DSC00113_convert_20160120122501.jpg DSC00148_convert_20160120123045.jpg
手で剥きます・・・冷た~い       砂糖をまぶしておこう

DSC00093_convert_20160120144846.jpg DSC00173_convert_20160120124457.jpg
ワタごと皮をきざみます。                  パンのタネも作っておきましょう。
前日に準備したのと合わせて58個分!         ホットケーキミックスを使います。


DSC00178_convert_20160120124702.jpg DSC00205_convert_20160120143632.jpg
火はあったか~い         次は山で竹きりです

DSC00231_convert_20160120143709.jpg DSC00295_convert_20160120143742.jpg
半分に割って                    タネを流し込んで

DSC00339_convert_20160120144027.jpg DSC00352_convert_20160120144145.jpg
熾火で焼きます。                 3回煮こぼした皮とミカンを一緒に、かまどでコトコト・・・              

DSC00369_convert_20160120144244.jpg 待っている間に竹を切りました。コップなど出来ました!

DSC00412_convert_20160120144337.jpg DSC00478_convert_20160120161439.jpg
ふっくら、パンが焼けました。            出来上がり ほろ苦いマーマレードです。
                           
DSC00489_convert_20160120144602.jpg
みんなで試食タイム。
2時間半かかったけど、おいしくできました!

(sa)

夏休みのもよおし

お盆休みでしょうか、街が静かです。
生態園も夏は来園者が少なく、 蝉時雨ばかりがにぎやかな季節。

学校が夏休みに入ってから、もよおしを3つ開催しました。


「セミの羽化観察会」
IMG_9359_convert_20150807151640.jpg IMG_9349_convert_20150807152117.jpg
7月25日夜7時                  カラスウリの花もちょうど開花、ほんのり甘い匂いがします。

IMG_9362_convert_20150807152234.jpg 羽化を観察するのは、生態園の外の緑道。
                             手すりの支柱(写真右側)が恰好の舞台。 

IMG_9369_convert_20150812114600.jpg IMG_9382_convert_20150812123251.jpg
             ヒグラシ 20時1分     20時20分

IMG_9386_convert_20150812114720.jpg   IMG_9385_convert_20150812114650.jpg
 20時27分                  アブラゼミ

IMG_9396_convert_20150807155803.jpg この観察会はいつも、W夫妻が案内してくれます。 
セミの羽化を優しく見守った子どもたちへの応援メッセージで締めくくられました。


「昆虫標本づくり」
IMG_9434_convert_20150807182809.jpg IMG_9513_convert_20150807184005.jpg
8月1日、年に1度、2時間だけ昆虫採集を解禁します。   カブトムシがぞろぞろ!

IMG_9452_convert_20150807183832.jpg IMG_9505_convert_20150812131728.jpg
「三角紙に包んで~」 子どもたちからトンボを預かるYYさん。      ミーンミンミンミン・・・暑い

IMG_9537_convert_20150807185704.jpgIMG_9635_convert_20150812134620.jpg
町内会館(涼!)に移って標本づくりを習います。      教えてくれるのはAさん
                                    「標本にしてきちんと記録に残そう」

IMG_9597_convert_20150807185826.jpg きれいに出来ました! 
ラベル(日時や場所、種名等)をつけて、防虫剤を入れたら、保存もばっちり!   

観察&標本づくりから、虫や生物を大事に思う気持ちにつながるといいな~と
続けている催しです。


「土の中の生きもの観察」
IMG_9668_convert_20150807190113.jpg  IMG_9691_convert_20150807190249.jpg
8月2日、この日も暑かったけど、みんな頑張りました。             ふるいにかけて
表土を5㎝くらい、集めます。

IMG_9708+-+コピー_convert_20150807190424 IMG_9708_convert_20150807190445.jpg
さがしてみると・・・
クモ、ダンゴムシ、ジムカデ、ヤスデ、ヒメミミズ、コガネムシ幼虫、ハサミムシ、など。
写真左下の大きな背中は、案内してくれたYKさんです。

一見、地味~で、あまり好まれない・・・? でも、
「何を食べるの?」「環境によって、違う種類がいる?」「竹林には少ない?」
興味津々、質問がでていました。

生態系の「分解」を助ける生きものたち。
いなかったら地球は大変なことになるのですね!!


以上のもよおし、写真はみな、生態園サポーターのNさんが撮影してくださったものです。
因みに、Nさんがカメラマンとして催しに参加できるときは、
参加者のみなさんが、写真全部を、ウェブアルバムから見たり、
ダウンロードできるようにしています。 生態園自慢です

(sa)


次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (9)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (19)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ