池の調査風景

雪の残る25日、学生さんたちがやってきました。
池の生物と水質の調査です。
卒論のための調査もほぼ最終のようなので、様子を撮影しました。

IMG_0090_convert_20120127193206.jpg
日ざし穏やかで、最高気温10℃とはいえ半そで!?
「失敗しました」と言ってましたが、若い!

IMG_0086_convert_20120127193055.jpg
池の周囲4か所からカゴ網を入れて、生物調査します。

陽のあたる水温7℃度の箇所では何も採れず、
日陰の水温5℃のほうでモツゴなどを採集していました。

IMG_0083_convert_20120127193402.jpg
彼女が持っているのは水温のほか溶存酸素、PHなど水質を計る器械です。
値が落ち着くまで、じっと5分は待っていなければならないそうです。
寒いときは大変!

東京海洋大の浮遊生物学研究室が、外来種の生態など
さまざまな研究調査を2005年から継続しています。

アメリカザリガニはまだまだ生息していますが、
ほかの外来生物が根絶して、在来生物が増加したことも、
学生さんたちの調査・研究活動の成果の1つです。

3月には今年の報告をしていただく予定、楽しみです(^-^)
(sa)

スポンサーサイト
次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (9)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (19)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ