スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

キイロスズメバチ顛末

観察会の最中に、付き添いのお父さんとボランティアさんが
キイロスズメバチに刺されてしまいました。

園路をただ歩いていたところに突然!ハチが襲ってきて、腕と足をやられたそうです。

出来ることを(水で洗う・毒液を絞り出す・ステロイドを塗る・冷やす)して
一人の方は腫れが大きかったので、病院で診察を受けました。
幸い、痛みがしばらく残ったものの、大事には至らず済んだのですが、
お二人には大変な災難となってしまいました。

急にスズメバチに襲われてしまったら、どうしたらいいか?
なかなか難しいのが実情のようです。

とにかく出会わない、巣に近づかない ことが何よりなので
管理者は巣がないかどうか注意を怠らないことしかなさそう

翌日、みつかった巣。
襲われたあたりのヤブの中、マンリョウの木の根元にありました。
DSCF6002_convert_20120806182700.jpg


さて! 
ハチの巣退治といえば、この方

http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/seitaien2009/view/201001

今回は夜間、10分ほどの作業だったそうです。
途中、予想外のハプニング、巣がもろくて、崩れ、中のハチがあらわに!
でも、あわてず殺虫剤をかけて無事に退治
ほっ。
ありがとうございました


成虫は殺虫剤でやられますが、巣の中の幼虫や蛹には効かないので
翌日、サポーターのYさんや、遊びにきたU君のお父さんが
ピンセットでつまみ出してくれました。200くらいかな。
(結構楽しそうに)
IMG_0142_convert_20120806182449.jpg

いわゆるハチの子。
上から、羽化したばかりのハチ ・色が出てくる前のサナギ、 まだ幼虫そのもの。
IMG_0137_convert_20120806182355.jpg
地面に穴をほって入れてしばらくすると、アリが集まってきてました。
(sa)





スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(セミの羽化)
次のページ(シロスジカミキリ)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (20)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。