スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

土の中の生きものしらべ

夏休みのもよおし第一弾は
土の中にどんな生きものがいるのか
しらべる観察会です。

tuti1.jpg
小学1年生から6年生13人が参加しました。
林の中で、落葉と一緒に土を採取し、
ふるいにかけて、生きものをさがします。

でてきたのは
貝、ヤスデ、ミミズ、ハサミムシ、ムカデ、クモ、ダンゴムシ、アリ、トビムシの仲間たち。

tuti2.jpg

世間一般、嫌われがち?な類ですが、
こどもたちは実にまじめにスプーンでとりわけて、大事に観察していました。
(たのもしい!!)

こうした生きものたちは、落葉など有機物を分解するという
自然界の中で大切な循環を担っているとのこと。

なかなか意識のいかない分野ですが、
昨今、猛暑や少雨(横浜の)もあって、土の乾燥・変化が気になるところ、
土の中のこうした生きものたちのことをもっと知っておかないといけないですね。
(講師をしてくださったYさん、ありがとうございました)

ブログに載せる段になって、生きものの写真を撮っていないことが発覚。
後日に再度・・・。
(sa)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(保全作業+ノコギリカミキリ)
次のページ(水辺たんけん「プランクトンの観察」)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。