スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
残念
せっかく産んだのに残念ですね

原因が気になるところですが、すべての卵塊が未授精ということが起こるのかは疑問です。

他に考えられることは、ニホンアカガエルは水温が4℃くらいで大部分の卵の発生がとまってしまうそうです。産卵は2月の初めだったと思いますが、横浜の気温を見たら2月の中下旬にけっこう気温が下がっています(氷点下も)。とくにカエル池や水路は田んぼと違って日当たりが悪いので、水温が低くなったために発生しなかったのかもしれません...

親はしばらく産卵すると思うので、来年以降に期待したいですね
2013/04/12 19:22 Akunn URL
貴重なヒントをありがとうございます!
カエル池は今年、産卵後に一度凍結していました。

そんなこともあって、ニホンアカガエルの産卵期は意外に長いのでしょうか・・・??

カエルの父さん母さんたちも嘆いていることでしょう
来年に期待です。

2013/04/12 23:49 sa URL
コメントの投稿

アカガエル卵孵らず・・・!

残念な報告続きです。
2月にカエル池でアカガエルの産卵がみられたあと
カエル池で6こ、田んぼの水路で1こ、卵塊を確認することができました。
1卵塊保護して、様子をみようと

まず1こ、保護した卵塊を入れたケースになんと、ひびが入っていて
翌日気がついたときには、晴天の下、干からびてしまいました~

もう1こ、保護していたのですが、
いつまで待ってもおたまじゃくしになりません。
カエル池に残していたほかの卵塊も全て。3月末に断念。

何が起きてしまったんだろう?
わかりにくい写真ですが・・・
IMG_1695_convert_20130412073347.jpg

こちらは茅ヶ崎公園の別の水辺で、かき回されたのか、ばらばらになっていた卵を
集めてきたもの。これも孵らず。
IMG_1700_convert_20130412073554.jpg

(sa)
スポンサーサイト
コメント (2)
残念
せっかく産んだのに残念ですね

原因が気になるところですが、すべての卵塊が未授精ということが起こるのかは疑問です。

他に考えられることは、ニホンアカガエルは水温が4℃くらいで大部分の卵の発生がとまってしまうそうです。産卵は2月の初めだったと思いますが、横浜の気温を見たら2月の中下旬にけっこう気温が下がっています(氷点下も)。とくにカエル池や水路は田んぼと違って日当たりが悪いので、水温が低くなったために発生しなかったのかもしれません...

親はしばらく産卵すると思うので、来年以降に期待したいですね
2013/04/12 19:22 Akunn URL
貴重なヒントをありがとうございます!
カエル池は今年、産卵後に一度凍結していました。

そんなこともあって、ニホンアカガエルの産卵期は意外に長いのでしょうか・・・??

カエルの父さん母さんたちも嘆いていることでしょう
来年に期待です。

2013/04/12 23:49 sa URL
コメントの投稿
前のページ(花いっぱい)
次のページ(ミシシッピアカミミガメ)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。