スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

はちとり(クロスズメバチ)


階段園路で刈った草を熊手で下ろしている最中に、蜂に刺されました。
そばでアブが飛んでる~と思ったときには「ガツン」とやられていました。

あとから恐る恐る見ると クロスズメバチの巣がありました。
おとなしいと言われる種類ですが、かさばった刈草が、巣穴を刺激して怒らせてしまったようです。
DSCN8192_convert_20160924142344.jpg
園路際で、結構な数の蜂が出入りしているので、公園としての安全第一に 駆除することにしました。
クロスズメバチは以前にもHさん、A君とで駆除経験があるので、できると判断。

今回もHさんが名人さながらに・・・「はちとり」用花火を巣穴に入れます。
DSCN8240_convert_20160924142415.jpg  DSCN8241_convert_20160924142505.jpg
用心を重ね、6本も使いました。          煙が巣にこもるようにケースをかぶせます。

周りに蜂がいないのを確認して掘り起こしました。
DSCN8248_convert_20160924142548.jpg DSCN8251_convert_20160924142620.jpg
大きな巣! どうやって土の中に上手に作るのでしょう?
巣を取り出すと、穴の大きさはタテヨコ20㎝、奥行き40㎝ありました。

DSCN8259_convert_20160924142703.jpg DSCN8262_convert_20160924142742.jpg
壊れてしまったけど、6層はありそう、巣の重量約560g。 幼虫や蛹がいます冷蔵しました。

煙幕は気絶させるだけらしいので、一端冷凍してから
Hさんが根気よく数えました。おとなの蜂は960匹です。  少し大きい蜂が1匹いました。体長18mm。
DSCN8290_convert_20160924142919.jpg DSCN8291_convert_20160924142948.jpg
                                ネットでは「女王バチは15㎜」とあります。
                                これがそうかもしれません。 

クロスズメバチはたぶん
巣を水辺近く、崖っぽいところに作りたいらしい。
雨の日は、活動が不活発=土中の巣に気づきにくい。
羽音はアブのよう。     みなさん気をつけましょう!
(sa)


スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(ザリガニマスター)
次のページ(「夏の水辺の観察〜水辺たんけんパートⅡ〜」)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (9)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (41)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (18)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。