スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

ウグイスの巣 と ナガコガネグモの卵のう

DSC_0088_convert_20161215182228.jpg DSCN9315_convert_20161215182857.jpg

御手洗池のアシ原で枯れ草を刈りました。

11月末に水辺スタッフがアシ刈りをしていますが、
今回はアシ原上流部の「溜り」と呼んでいるところです。
ミゾソバ、カンガレイなどの枯れ草を刈りました。

毎年、冬前に枯れ草を刈りながら、ナガコガネグモの卵のうを見つけるのが楽しみなのですが
今年は4こ。 田んぼの稲に付いていたのと合わせても5こ
なんて少ないのでしょう。
毎年、20数個採取して、野外の籠に保護して、春に草原に戻しています。

ことしは代わりにオオカマキリの卵のうが36個、ずいぶん多い感じ。

理由はわかりませんが、様子をみるしかない。

そして、
DSC_0096_convert_20161215182255.jpg DSC_0092_convert_20161215182241.jpg
枯れた草の倒れた上に、こんなものがありました。  アシの枯葉で球状にまとめた巣です。

「地面の上だから、カヤネズミじゃないね。」
「ハタネズミ?」
「地面に穴を掘るよね?」
と話していて、ウグイスではないか、となりました。

羽も糞も見つからないので、実際、使ってないのでしょうか。
それとも、これから使う予定で作ったもの?

狭いアシ原で4こも見つかりました。

クモなどの冬の生息場所にと、
アシ原全部を刈らずに刈り残してあります。
でも、鳥にとっては開放的になりすぎました。

枯れ草刈りと営巣と、どう折り合うか要検討。
(sa)


スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(少しだけ夕焼け)
次のページ(紅葉)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。