スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿

2017☆アカガエル-3

久しぶりです!

報告をさぼっているうちにオタマジャクシの季節は終わってしまいました。
先日、水槽で飼育展示していたオタマの最後グループをカエル池に放流。
合計約200匹を放しました。
RIMG0262_convert_20170611011214.jpg

この冬、アカガエル産卵数は過去最高でした
これまでは多くて9卵塊でしたが、ことしは30も!!

1月から3月まで何度か産卵があり、カエル池で23、田んぼで7。
田んぼで7つ産卵というのも快挙でした。

なのですが・・・
最初に保護した卵塊のふ化数が少なかったことは
報告しましたが、次の卵塊も同様で、
その後、カエル池に残した卵塊のおたまじゃくしが見られないという
なんだか訳のわからない状況になってしまいました。

田んぼで生まれた卵塊は
1つを保護し水槽で飼育。
ほかはカエル池に移しました。

なぜ移したかというと、おたまじゃくしが成長して上陸する前に
田んぼを起こす作業が始まります。
体験田んぼなので、100~200人と大勢が
田んぼに入り、田起こしでは大暴れするのが恒例です。
それで、迷った末に移しました。

保護した1卵塊は順調に育ちました。
DSCN7405_convert_20170611011239.jpg

一方、カエル池には全部で27卵塊はあるはずなのに
おたまじゃくしがほとんど見られない、
せいぜい数十。

ふ化直前の田んぼの卵塊を採取して移動したのがマズかった?
カエル池に残していた卵塊はどうしてうまく育たなかったか?
(カルガモの食害ではないと思います)

観察もちゃんとできていなかった・・・

来年は気を抜けません。
(sa)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
前のページ(ザリガニマスター)
次のページ(かいぼりくん!)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。