冬ごしする生きもの観察会

寒い一日でしたが
子どもたちはみんな元気に参加してくれました。
IMG_3146_convert_20111211181900.jpg

今日は草原で、オオカマキリの卵、ガ、ミノムシ(オオミノガ)
ナガコガネグモの卵のう、イナゴの仲間
落葉の下でダンゴムシ、ハサミムシ、
木にまいたワラの中からは、ハエトリグモの仲間など。
林の中では、エサキモンキツノカメムシ、ハラビロカマキリの卵のうなど
観察しました。
IMG_3168_convert_20111211182352.jpg

IMG_3184_convert_20111211182504.jpg

なんといっても人気なのはカブトムシの幼虫。
見つかった途端、みんなの目の色が変わります。
大事そうに気門や肛門をじっくり観察していました。
IMG_3195_convert_20111211184325.jpg
写真は中村昌弘さん。
(sa)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(クヌギカメムシの産卵)
次のページ(ヤマコウバシ)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (9)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (19)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ