スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

ガマの穂

池のアシ原の一部を開いてつくった溜りでは
生態園で消えかけていた数種の水辺植物が
元気を取り戻しました。

ガマ(蒲)もその1つ。
IMG_0437_convert_20120117121458.jpg
12月24日

この冬は穂が実り、小さな種がたくさん飛びました。
IMG_0598_convert_20120117121556.jpg
1月4日

綿毛は風を受けてふわふわ飛ぶのですが、
穂を手で握ろうものなら、大変!!

ぎゅっと縮こまっていた綿毛が
モッコモコ!炸裂したかのように噴き出します。

「手品みたいでしょ」と、
ネイチャークラフト教室の講師Sさんに
教えてもらいました。

花粉は薬に、葉はむしろに、綿毛は蒲団綿とか、
いろいろ使われたそうです。
かつて、身近にある有用な植物だったのでしょうね。

IMG_0724_convert_20120117121805.jpg
1月10日

綿毛が飛んでしまうと
綿あめ食べたあとの棒!
(sa)
スポンサーサイト
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(クワゴ(蛾)の繭)
次のページ(収穫祭)
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (42)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (20)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。