スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことしの二ホンアカガエル

久しぶりに
カエルの記録upです。

ことしは2月1日頃から2週間のうちに9つの卵塊が生まれました。
一旦、全部保護して、それぞれから合わせて300匹ほどを確保し
5つのケースで飼育しました。
それ以外は3月になってカエル池に戻しました。
                      
①228DSCN5900_convert_201607211707352月28日

網を張ったので、カルガモの侵入は防げたけど
ヒバカリは楽々、出入り自由。
                       
③425DSCN6398_convert_20160721170944 4月25日 
5月までに3匹捕獲して、すこし遠くへ行ってもらいました。

飼育したおたまは、ホウレンソウとタイワンシジミで
順調に育ちました。でも、早く生まれた卵のおたまのほうが
途中の欠落もなく、大きく成長していたようで、差がみられました。

④0503DSCN6635_convert_201607211711355月3日
5月はじめから、前足が生え始めたのを池に放流しました。

この頃の池は、近寄るとおたまじゃくしのさざ波が立つほどでしたよ!

⑥12DSCN6825_convert_20160721171247 ⑦05132DSCN6895_convert_201607211713125月13日
                                 そろそろ上陸かな

池にカエルの気配がなくなってきた頃・・・

⑨DCF00469_convert_201607211713545月21日 DSCN6443_convert_20160722103054.jpg
「カエルがいるよ!」                         竹林は左の崖の上、60メートルくらいです。
竹林で保全作業中、小学生のSH君が              へえ、そんなところに行っていたとは!
見つけました。 1センチくらいです。       
池にいたのと同じくらいの大きさでした。

その後も、竹林に行くと、2,3匹に会えました。
少しずつ大きくなり2センチくらい、ジャンプ距離も伸びました。なかなかつかまりません。
ジャンプは敵から逃れる最大手段ですね。

7月1日                          7月9日
⑽0701DSCN7309_convert_20160721171423 ⑪0709DSCN7398_convert_20160721171456

7月17日
⑫DSCN7523_convert_20160721171529 ⑬DSCN7527_convert_20160721171606
田んぼ奥、広場上の堆肥にいました。         あっ でも、水気のないバケツの底は苦手ですね。
まさに「赤蛙」。                       ジャンプに失敗、ひっくり返ってしまいました。
3センチ弱。ことし生まれ???                      
                                                                                
なんとか、たくさんのカエルが繁殖まで生き延びて、卵塊がもう少し増えてくれるといいなあ!!

寒い時期の卵塊凍結問題が、未解決なので、来冬はそこを確認したいと思います。
今のカエル池で、それがクリアできれば、保護の手をもう少しゆるめられそうです。
(sa)

アカガエル-3

14日(日)午後は春の嵐も止み、
気温は20度を超えてぽかぽか陽気になりました。

前の晩に卵塊5こ産まれました。
昨年の計6個より増

DSCN5664_convert_20160214233829.jpg DSCN5656_convert_20160214233845.jpg

夜8時、今夜も・・・と見に行くと

いました!  
DSCN5673_convert_20160214233859.jpg DSCN5681_convert_20160214233916.jpg
ククククククククク・・・ ささやくように鳴いています。

6匹くらいみんな、オスのようで
どのカエルも岸のほうを向いてます。 メスを待っているように見えます。

産卵は、もっと遅い時間に始まるのかな? 

明朝また、卵が増えているに違いないと楽しみに
カエル池を後にしたのですが

あれ! 翌朝はゼロでした~

そして
最初の卵の小さなおたまじゃくし
DSCN5643_convert_20160213175727.jpg DSCN5648_convert_20160213174743.jpg
1000匹超が孵化して順調だったのに・・・

ガーン!!

今朝、約20匹を残して、死んでいるのが発覚。
(昨日はお休み・未確認)   

14、15日の気温・水温差か? 
20度超の気温・水温による水槽水質の劣化か?

残念ですが
第2弾の卵塊は成長しているように見られるので
期待をかけよう。
(sa)
 



アカガエル-2


来た!第2陣 カエル池で2回目の産卵がありました。 2こ。
前回からちょうど1週間。

DSCN5631_convert_20160210174355.jpg  DSCN5627_convert_20160210174539.jpg 

卵はやはり保護しました。 
後日、カルガモ対策(網掛け)が完了したら、カエル池に戻す予定です。

DSCN5635_convert_20160210174559.jpg
こちらは、最初の卵、生まれて1週間。
芽ひじきのような形に育ったのも見えます。
(sa)



カエルの季節到来!

水辺スタッフが泥さらいして
ほんと、すぐのこと。

2月1~2日に ことし1こめの卵塊が
カエル池でうまれました。
昨年より5,6日早い。

二ホンアカガエルでしょう・・・!

DSCN5599_convert_20160205174355.jpg

まずは保護。
塊り全体12cmくらいの大きさで、きれいな球形です。

ことしは、昨年の失敗を反省し、
卵が発生限界4℃以下にさらされないように、
カエル池は暖かい(15度くらい)湧水が入り込むようにちょいと手をかけました。

このあと 第2陣 いつ来る?  

モリアオガエル繁殖

少し前のことなのですが・・・
生態園の外の小さな池で、モリアオガエルの卵塊がみつかりました。
5月20日頃です。
DSCN3128_convert_20150725235240.jpg DSCN3141_convert_20150725235256.jpg
キショウブに産みつけられて              落下部分を持ち帰りました。
半分くらい水面に落ちていたので、          水槽にネットを張って、乗せて、約1週間で

DSCN3261_convert_20150725235338.jpg DSCN3260r_convert_20150725235322.jpg
産まれました! 300匹くらい。               ぐんぐん大きくなります。      
よく食べ(茹でほうれん草や魚の餌)、よく動き、    春先のアカガエルやヒキガエルより成長が早い早い!

DSCN3257_convert_20150725235309.jpg おなか側。

でも・・・、モリアオガエルは、横浜には元々生息していないので
どこかから逃げ出したか、人に放されて、繁殖したのですね。

在来生物を保護している生態園では、モリアオガエルの繁殖は問題です。
かといって、300匹ものカエルを飼育し続けるのはとても不可能なので・・・
ザリガニと一緒に、野毛山動物園に引き取ってもらいました。
遺伝子記録のほか、動物の餌になりました。

区内の別の場所で、このカエルの鳴き声を聞くことがあります。
東京でも、やはり放流されて繁殖地となってしまった所があると聞きました。
意外に順応性が高いそうです。

在来生物への影響がわからない状況、状態で、
他所から持ち込んだ生物を野外へ放すことはやめてほしいものです。

人が捕獲し、放し、捕獲し、命を翻弄されて
カエルたちは迷惑この上ないでしょうね。

DSCN3478_convert_20150725235355.jpg
一昨年、保護したモリアオガエル♂はケージの中で健在です。
でも、昨年より少し痩せてきました。
お爺さんなのかな~。


(sa)
前のページ
次のページ
プロフィール

せいたいえん事務局

Author:せいたいえん事務局
自然生態園ブログへようこそ!

HP→茅ヶ崎公園自然生態園

最新記事
最新コメント
カテゴリ
未分類 (10)
田んぼ (60)
水辺 (43)
むし (47)
催し (45)
さぎょう (14)
両生・はちゅう類 (42)
植物 (20)
ほか (21)
とり (14)
ザリガニマスター (22)
今日の風景 (3)
訪問者
ようこそ!
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。